子供の早指しについて

子供の早指しが気になる皆さんへ。

 

子供は感覚で捉えることに優れていますので、論理的思考はあまりしないのかなと推測しています。また、好奇心旺盛で、確認をせずに試したいというのが一番の理由だと思います。

 多少の早指しは仕方がないと割り切ってください(笑) とはいえ思考力は大切ですし、身につけてほしいです。僕も指導対局を行っている時、もう少し考えてほしいなと思うことが多々あります。

 

しっかり時間を使えてた時に褒める。

 

勝敗に関係なく、集中してよく考えていたことを褒めてあげて下さい。褒められるのが嫌な人はいませんよね。考えることは良いことだと認識すれば少しずつ変わってきます。また、褒められたいという気持ちが考える原動力に繋がります。具体的に褒めるのが有効です。 

 

僕が指導対局で心がけていること(早指しについて)

 

感想戦で良い手があった場面で考えてもらう→良い手を思いつく→考えたら良い手が指せたね!という流れは意識してます。また、ここちょっと考えてみてくれる?ここは時間使ってたら勝ってたんじゃない?というような疑問文を使うことを心がけています。考えることに楽しさや、充実感を覚えてもらうのが大切だというのが個人的な考えです。 


早指しは決して悪いことではありません。指す手が分からなくなり、パニックで手が止まってしまうよりは良いのではないでしょうか。早指しは頭の回転の早さや自信、決断力、勇気などがあるという見方もできます。経験をつんでいけば、考えるようになっていきますので焦らなくても大丈夫です。 

徳ちゃんのオンライン将棋教室

プロ棋士養成機関の元奨励会二段の徳原千拓のオンライン将棋教室。ネットを通して世界に将棋を発信!

0コメント

  • 1000 / 1000